タグ: HJ NOVELS

【レビュー】神達に拾われた男 12【感想】

[toc]

1.『あらすじ』

『神達に拾われた男 12』のあらすじはこちらになります。

ギムルの街に長期に亘って潜み続ける悪意へと対抗すべく、ジャミール公爵家の面々や街の人たちと協力して様々な事業や対策を軌道に乗せていく異世界転生者の少年・竜馬。
そんな中、遂にギムルの街全体を巻き込んだ火災や襲撃事件が同時多発的に起こってしまう! 目まぐるしい状況変化にも各所と連携して即時対応に当たる竜馬だが、次第に敵の狙いが竜馬自身にもあることが判明し――!?
この世界に来て得たかけがえのないものを守るために、信頼する仲間たちと力を合わせて立ち向かう異世界スローライフファンタジー、第十二幕!

引用:HJノベルス

※これより下の文章にはネタバレが含まれるので注意してください。

2.『レビュー』

 大寒波が到来したギムルの街は大雪に見舞われた。

 雪かきなどに精を出す人々と、それをスライムの力で除雪を手伝う主人公リョウマ。

 そんな穏やかな日々であったが、事件が起こる。

 街の所々で火事が起きたのだった。

 逃げ惑う人々や火災に巻き込まれた人々を助けるため、リョウマたちは動き出す。

 またリョウマの経営するバンブーフォレストにも襲撃者が現れる。

 この一連の事件は周到に計画されたものであり、リョウマ自身を狙うことも目的だった。

 リョウマが単独になったところに、その者たちは現れる。

 果たして、リョウマたちは無事にこの事件を乗り切ることができるのか……といった内容になっています。

 ◆

 この12巻では、ギムルでの事件をメインに書かれています。

 もちろん、リョウマの新たなスライムも登場し、活躍しました。

 リョウマの実力も周囲に知れ渡ってきたので、敵はリョウマに狙いをつけています。

 これまで、他の事件でリョウマ自身が狙いというのはほとんど無かったと記憶しているので、これは大きな変化ですね。

 またこの巻で、リョウマの今後の方針に変化が生まれます。

 どちらかといえばスローライフメインでしたが、次巻以降は冒険者としても活躍するようですね。

 私は旧web版から読んでいたので、次巻以降が楽しみで仕方がないです。

 旧版とだいぶ差が生まれているので、旧版でテイムしていた巨大な草食恐竜?(名称忘れました)を再びテイムするのか気になりますね。

 旧版では背に乗ってリョウマが移動していたのを思い出しました。

 いったいどうなるのか、今後の展開が実に楽しみです。

 それはそうと、2023年の1月にTVアニメ第二期が放送されるようですね。おめでとうございます。

 この記事の執筆時が2022年の11月23日なので、放送まであっという間でしょう。

 一期も見ていたので、二期も楽しみです。

 神達に拾われた男は、スローライフや商店経営などが好きな方にはお勧めの一冊です。

 未読の方は、この機会に是非購入を検討してみてください!

3.『今回のレビュー書籍』

書籍情報
  • タイトル:神達に拾われた男 12
  • 著者:Roy
  • イラスト:りりんら
  • 初版発行:2022年11月18日
  • 定価:1,430円(税込)
  • 発行:ホビージャパン
  • レーベル:HJ NOVELS

 よろしければ以下のサイトより購入していただけると幸いです。

4.『関連書籍』


レビューに戻る▶