愚者は失ったものに手を伸ばす。

遠くに見える景色が美しかった。
私には、眩しかったのだ。
届かないものに手を伸ばす私は、滑稽こっけいであったであろう。

皆には簡単に手に取れるそれが、私には、私には果てしなく遠いものだったのだ。
あぁ、何故だろう。何故なんだろうか。
以前は私もそうだった。そうであったはずなのだ。

後悔は果てしない。叫び嘆いたところで戻ってはこない。
であるのならば、如何にするか。どうすればそれに近づけるのだろうか。
答えは見つからない。いや、本当はある。あるのだ。

だが、後悔故か、諦めなのか、二の足を踏む。
この身はうに腐っている。
簡単には近づけぬのだ。

皆にはそれは当たり前のこと。
理解はできても共感は難しいだろう。
分かってはいる。分かってはいるのだ。

これは自分自身との戦いなのだと。
それも、分の悪い。本当に分の悪いものだ。
垂れ流して誰かに助けを求めたところで、それは単なる自己満足なのだと。

一方的なそれは、痛みを叫んでいるだけなのだ。
他人が代わることはできない。
しかし、おまじないはできる。

その分だけ、私の気持ちは楽になるのだ。
だが、それは時期に切れる。
入り口に戻った私は、何度も繰り返す。

ああ、愚かだ。愚かだろう。
都合のいい目が出るまで何度でも繰り返す。
そうして、奇跡的に出口に辿り着けるその日まで、私は……。

笑ってくれ。愚かな私を、この奇跡を起こしてもいずれ入り口に戻っていく私を。
それでも、もう一度見たいのだ。少しでもいい、一瞬でもいい。
あの美しい光景を、もう一度だけ。


小説一覧に戻る▶▶

ツギクルバナー
ブックマーク
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA