壁を掘り、すぐに埋める男。 ~あなたの努力は本当に正しいですか?~

 壁を掘る。壁をすぐさま埋める。また壁を掘る。そして再び壁を埋める。

 男はそれを無限に繰り返している。

 当然、何も進まない。

 時間だけが過ぎ去っていく。

 途中旅人が現れ、男に問いただす。

「何故そんな事をしているんだ?」

 男は旅人の言葉を聞くと、笑みを浮かべてこう返した。

「これが一番簡単で楽しいんだよ」

 旅人は呆れたように息を吐くと、そのまま立ち去っていく。

「なんだよ。馬鹿にしやがって!」

 男は怒気を現すが、直ぐにそのこと忘れて再び穴を掘り、すぐさまそれを埋めた。

 それから数年が経っても、男は同じことを繰り返している。

 男はいつか壁が自然に崩れると本気で信じていた。

「もっと先を掘ったほうがいいぞ。私は経験者だ。コツを教えようか?」

 すると、いつの間にか以前とは別の旅人が現れ、男に口を出す。

 だが、その言葉は男には届かない。

「うるさい。俺は俺のやり方でやっているんだ! 他人の指示を受ける気はない!」
「そうか……」

 旅人は憐れむような視線を男に向けると、一言残してその場から立ち去った。

「上から目線で偉そうに! 俺には俺のプランがあるんだ!」

 男はそうは言いつつも、やっていることは変わらない。

 壁に穴を掘り、それを埋める。永遠に同じことの繰り返しだ。

 しかし、男は満足している。経験値は確実にたまっていると、信じているのだ。

「横から失礼。君はいつからここで壁を掘っているのかな?」

 次に現れたのは、紳士風の旅人だった。

「ふん、俺はもう十年続けた熟練者だ! 凡人には真似できないだろう!」
「そうですね。私には真似できません。こんなことを十年も続けるなんてね。尊敬しますよ」
「そうだろそうだろ!」

 男は紳士風の旅人の言葉に満足すると、見せつけるように穴を掘り、どうだと言わんばかりに振り返った。

「あれ?」

 しかし、そこに紳士風の旅人の姿は影も形もない。

「なんだよ。せっかく熟練の技を見せてやろうと思ったのによ」

 男は苛つきながら、再び作業を再開した。

 それからも旅人は度々現れたが、大抵は男を苛つかせるだけで終わる。

 悲しいかな。気が付けば、男の元には旅人が近づかなくなっていた。

 だが、そのことを男は気にしない。

 むしろ気楽だと、ひたすらに壁に穴を掘り、すぐさまそれを埋め続ける。

 それから更に数年後、今日も今日とて穴を掘ろうとした――その時。

「あ、開通した。この壁は簡単だったなぁ」
「なっ!? な、何なんだお前は!?」

 男が壁を掘ろうとした瞬間、その壁の奥から少年が現れた。

 男より若く、活力に満ちた少年だ。

「あ、もしかしてこの壁を掘ろうとしてましたか? よかった。どうやらまだ掘る前だったようですね!」
「な、何? 掘る前?」

 男は少年の言葉に怒りで肩を震わせるが、少年はそれに気が付かない。

「はい。掘る前で良かったです。どちらが先達者で揉めるのは嫌ですからね。あ、そうそう。よろしければ僕の掘った穴を参考にしてください」
「ぐぅ!」

 男は誰にも掘られていない壁を見つけ、掘り始めてから既に十五年経っていた。

 しかし、目の前の若輩者に先を越されてしまったのだ。

 男は悔しくて仕方がない。俺が先に見つけて掘っていたのにと、怒り心頭だ。

「そういえば、見てください! こんなに大きな宝石があったんですよ! 掘削者になってからまだ三年目ですが、毎日コツコツ頑張った甲斐がありました!」
「そ、それは!?」

 少年の手には、巨大な宝石が輝いている。

 本来ならば、自分が手に入れたはずに違いないと、男は悔しさと怒りでどうにかなってしまいそうだった。

「はい。ようやく報われました。これまで辛く険しい道のりでしたが、挑戦してきてよかったです」
「お、俺だって……才能があれば……」

 男は、少年には才能があったのだろうと、そう思い込む。だが、それは大きな間違いだ。

「いえいえ、才能なんてそこまでないですよ。当時の自分には少しだけ辛い壁を段階的に掘り進めたんです。辛かったですけど、少しずつ成長を実感できました。その努力が今の僕に繋がったんです」
「ッ――そ、そうか……」

 男は少年の言葉に何も言えなくなった。

「はい。才能よりも、心で負けないことが大事なんです!」
「……俺は疲れたし、今日はもう帰る」
「え?」

 男は唐突にそう言って、少年に背を向けて歩き出す。

「ちっ、やっぱり才能じゃないか! 辛いことを続けられる才能が俺にもあれば、俺だって……」

 そう捨て台詞を残し、男は消える。そして、男がこの壁に現れることは二度となかった。

 少年の言葉であることに気が付けば、男も変わったかもしれない。

 けれども、そうはならなかった。

 男の心は、始まる前から負けていたのだ。

 END


小説一覧に戻る▶▶

ツギクルバナー

 

ブックマーク
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA