小説

018 道化の男

 翌朝、黒栖は何事もなく目が覚めると、即座に自宅へと帰ろうとしたが、そこは白羽に止められ、朝食をごちそうになる。 食パンに、生ハム、サラダとスクランブルエッグなど、手軽なものだが、どれも美味であり、黒栖は瞬く間に完食した。 その後、白羽がお…

017 一つ屋根の下

「それでその、今日は私が黒栖君の家に泊まるって事でいいのかな?」 白羽は、緊張しながらも、そう話を切り出す。今になって意識し始めたのか、つい周囲に視線を動かしてしまう。「いや、転移の事を考えれば、白羽の家の方がいいと思う」「そ、そうだね」 …

016 赤面の勘違い

 一つ問題が解決すれば、即座に次の問題が現れるのは、世の必然だろうか。「え? という事は、黒栖君はずっと私の事を監視していたの?」「あ、ああ」「もしかして、着替えやお風呂、それに、お、おトイレも……?」「待ってくれ、流石にそこまで覗いてはい…

015 二人の想い

「あの女の子はいないんだね」「っああ、あいつは金で雇っただけだ」 入って早々の言葉に、黒栖は慌ててそう答えた。しかし、それが誤解を招く結果となる。「え……お金で作った関係……?」「い、いや、違うぞ! 何か勘違いをしている!」「勘違いって………

014 自業自得

 隔離された場所から無事に戻って来た黒栖は、元々いた公園のベンチに座っている。 戦いには勝利したが、これで最悪な事態が二つも判明してしまった。 それは、デスハザードが現れるのは一度だけでは無かった事、そして、白羽と離れていても現れるという事…

013 校庭での死闘

 黒栖は、自らが通う高校、|陸央《りくおう》高等学校の校庭に転移してきた。 隔離された人のいないその場所に、デスハザードの姿が無い。「くたばれ!」「!?」 その瞬間、背後からデスハザードの声と共に手刀が迫る。デスハザードは、黒栖が転移してく…

012 能力値の割り振り

 黒栖は使い慣れてきた覚醒エネルギーを纏う。黄金の光が黒栖の身体をを包み込み、能力を引き出す。「くっ!」「死ねぇ!」 正面から受け止めたデスハザードの手刀。その戦い方は、黒栖の知るデスハザードとは、少々違う感じがした。 そう、デスハザードも…

011 選択の結果

 自宅を出た黒栖は、現在白羽を追いかけている。  白羽を追いかけて、いったいどうするというのか。追いかけないのが正解のはずだと、黒栖は自分にそう問いかける。 しかし、理性ではそう分かっていながら、実際は逆のことをしている。 追いかけて、白羽…

010 スラッシュの確認

 なるほどな。そんなうまい話はないという訳か。ダンジョンで手に入るアイテムを作り出せれば、怖い物なんて無いに等しいだろうしな。 ダンジョンから時折見つかるアイテムは、物によってその価値はユニーク称号所持者に迫る物まで存在していた。それを自由…

009 力の確認

 元はホームに戻るために用意したが、今回はいい方向に転がったな。 そう思いながら俺は自らの手の平に|創り出した《・・・・》石ころへと視線を移す。それは、転送/召喚の称号スキルでホームと行き来するために必要なものだった。 一度ホームに戻ってし…

008 遠い記憶と核

 深い、闇の中に俺はいた。いや、これは夢なのだろうか。灰色の映像が映し出されている。「君の両親は立派だったよ。ダンジョンに迷い込んだ子供たちをモンスターから命がけで助けた上に、そのまま|囮《おとり》になって皆を助けたんだから」 それは、遠い…

006 移動手段

 目が覚めると、そこは洞窟の中だった。 ここは……ああ、そうか。ダンジョンを作ったんだっけ。「あー」「おはようエレティア」 横に視線を向けると、そこにはエレティアが昨日と同じ場所に立っていた。ゾンビだから寝る必要が無いのかもしれない。そもそ…