【レビュー】信じていた仲間達にダンジョン奥地で殺されかけたがギフト『無限ガチャ』でレベル9999の仲間達を手に入れて元パーティーメンバーと世界に復讐&『ざまぁ!』します!(12)【感想】

1.『あらすじ』

 ライト達は人種王国と接触し、最愛の妹・ユメと感涙の再会を果たす!

 そしてユメを保護してくれたお礼として、人種王国第一王女・リリスに『奈落』の力を貸すことを約束する。

 半端になっていたダークエルフ孤島国への断罪にもキッチリ痛快にケリをつけ、いよいよ次の標的ドワーフ種ナーノへ!!

 真実のドワーフ王国編、開幕!!!

引用:講談社コミックプラス

※これより下の文章にはネタバレが含まれるので注意してください。

2-1.『レビュー』

 ライトたちは次に、ドワーフ王国へと接触することを決める。

 そこで”ますたー”について、きだすことにした。

 まずはそのために、ドワーフの国王ダガンの元にネムムを送る。

 そして無事にダガンと接触に成功し、極秘会談へと誘う。

 だが当然、言葉だけでは誘うことは難しい。

 なのでその交渉材料として、とある物を贈る。

 するとダガンは態度を百八十度変えて、極秘会談を了承するのだった。

 その後ライトはダガンと顔を合わせ、ますたーの情報を得る。

 また同時に、ダガンから過去文明の遺跡について、共に攻略しないか誘われる。

 その遺跡での情報が今後大いに役に立つを考えたライトは、それを了承した。

 結果としてライトたちは配下を連れて、ダガンたちと共に過去文明の遺跡攻略へと乗り出す。

 果たしてライトたちは、無事に過去文明の遺跡を攻略することができるのであろうか。

2-2.『感想』

 今巻はドワーフ王国の国王ダガンさんに、接触する展開です。

 当初は物騒な方法も考えていましたが、ダガンさんの職人気質が幸いして、穏便に済みました。

 そもそもドワーフ王国の国王は、ドワーフの親方が押し付け合って決まるもののようです。

 ダガンさんも、じゃんけんに負けて仕方なく国王をしているみたいですね。

 なのでダガンさんは国王というよりも、どちらかと言えば鍛冶師という訳です。

 交渉材料に持ってきたアレは、想像以上の効果でしたね。

 つい見ていて、笑ってしまいました。

 その後の反応も、面白かったです。

 ダガンさんは、良いキャラをしていますね。

 そしてそんなダガンさんから、ますたーについて新情報を得ます。

 更にこの世界の重要な秘密があるかもしれない、過去文明の遺跡に挑むことになりました。

 どうやら過去の文明について研究することは、9種族全体で禁止されているみたいですね。

 けれども好奇心を抑えきれないドワーフたちは、こっそり過去文明の遺跡を隠していたわけです。

 それを今巻から、探索する感じですね。

 原作を読んでいるので展開は知っていますが、漫画版ではどのように描かれるのか、とても楽しみです。

 次の13巻から本格的に探索が進むので、発売が待ち遠しいですね。

 そういう訳で引き続き、この作品を読んでいこうと思います。

 ドワーフ王国の国王と接触して過去文明の遺跡に挑む今巻に興味がある方は、是非購入を検討してみてください。

3.『今回のレビュー書籍』

書籍情報
  • タイトル:信じていた仲間達にダンジョン奥地で殺されかけたがギフト『無限ガチャ』でレベル9999の仲間達を手に入れて元パーティーメンバーと世界に復讐&『ざまぁ!』します!(12)
  • 原作:明鏡シスイ
  • 漫画:大前貴史
  • キャラクター原案:tef
  • 発売日:2024年5月9日
  • 定価:759円(本体690円)
  • 発行:講談社
  • レーベル:KCデラックス

 よろしければ以下のサイトより購入していただけると幸いです。

4.『関連書籍』

 

  • 信じていた仲間達にダンジョン奥地で殺されかけたがギフト『無限ガチャ』でレベル9999の仲間達を手に入れて元パーティーメンバーと世界に復讐&『ざまぁ!』します!(1) (KCデラックス)

  • 信じていた仲間達にダンジョン奥地で殺されかけたがギフト『無限ガチャ』でレベル9999の仲間達を手に入れて元パーティーメンバーと世界に復讐&『ざまぁ! 』します! 1 (HJ NOVELS)

 


 

【著者:明鏡シスイの別作品】

  • 軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (1) (ドラゴンコミックスエイジ)

  • 軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (1) (富士見ファンタジア文庫)

 


レビューに戻る▶

ブックマーク
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA